Tel. 03-6869-9384

リゾートウェディングとは?メリットやデメリット、人気スポットまで解説します!

HOME > オリジナルウェディング|Marriage Link > リゾートウェディングとは?メリットやデメリット、人気スポットまで解説します!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リゾートウェディングで最高の結婚式をかなえよう!

なんとなく聞いたことがある「リゾートウェディング」。でもよく分からないという方もきっと多いのではないでしょうか。この記事ではそんなリゾートウェディングについて「基本のキ」から応用・進化編まで、AからZまで余すところなくお伝えします。リゾートウェディングを検討中のすべてのカップルが、最高の結婚式はもちろんのこと、すてきな思い出もしっかりと残していただきたいという思いで全力でお伝えしていきます!

 

題して、「全部見せます!リゾートウェディング」^^

それでは行ってみましょう〜!






1.リゾートウェディングとは?

沖縄や北海道、軽井沢、ハワイ、バリ島など、日常では味わえないような自然豊かな場所でおこなうウェディングのことを総称してリゾートウェディングと呼びます。屋外の自然豊かな場所であることが一般的で、爽やかな高原や遠くまで見渡せる山の上、波の音が心地よいビーチなども人気です。

 

自然が豊かな分、場所が住まいや最寄り駅から遠いことがよくあり、移動が少し大掛かりなことが多いため、少人数でおこなうことがほとんどです。友人を呼んだとしても本当に近しい方に限定することが一般的で、基本は家族のみや新郎新婦おふたりのみといったこともあります。

 

でも少人数だからこそ、一人ひとりとの時間がしっかりと取れ、日頃は伝えられないありがとうの想いを伝えることができること、そして生活圏から離れた非日常でのウェデイングの思い出を共有することで、よりお互いの関係や絆が強くなるので、かけた移動の費用や時間以上の良さが得られることも、リゾートウエディングの特長といえます^^



2.リゾートウェディングのメリット

それでは早速、リゾートウェディングのメリットを挙げてみたいと思います!

〈●メリット1「非日常空間での結婚式」〉

突き抜けるような大空をバックに、壮大な山々をバックに、さらには開放的な海をバックに、、、と、ロケーションが非日常で景観が美しいため、まるで映画のワンシーンのような結婚式やフォト撮影が叶います。

 

当日はもちろんのこと、その後もこのような印象的なウェディングの思い出をゲストや家族としっかり共有できるので、通常の式場では味わえないほどの大きな特別感がリゾートウェディング最大の魅力といえます。






〈●メリット2「絆がより深まる」〉

雄大な自然に包まれながらの結婚式は、全員の気持ちもオープンにしてくれます。気持ちがオープンになることで、相手の想いを素直に受け止められたり、感謝の思いを真っ直ぐ伝えられるなど、環境が変わることによって良い影響が得られるのもリゾートウェディングならではのメリットのひとつ。

 

さらには少人数での実施だからこそ、ゲストや家族一人ひとりにしっかりと時間をかけて向かい合うことができるので、お互いの絆や、家族の絆がいっそう強く・深くなります。

 

少人数×いつもと違う環境がなせる技!リゾートウェディングでは行く前よりも、行った後の方が仲良くなって帰ってこられます^^






〈●メリット3「親孝行の旅行も一緒に実現できる」〉

社会人になって忙しい日々を過ごしていると、行きたいと思っていてもなかなかその機会をもてないのが「両親との旅行」ではないでしょうか。そこでオススメなのがリゾートウェディング。結婚式をキッカケにして、日頃はできなかったけどいつか親にプレゼントしたかった、両親との旅行を実現させましょう!

 

結婚式を機に親孝行ができるなんて本当に素敵です。いつかやろうと思っていても、その「いつか」はなかなか来ません。そうこうしているうちに時間だけが過ぎてしまったなんてことにならないように、できる「今」を大切にすることはとても意味のあることだと思います。宿泊施設が併設されている場所だとベストですが、なかったとしても近くの温泉宿などを組み合わせることで簡単に実現することができます。

 

両親だけでなく両家の兄弟姉妹にとっても良いですね。結婚式だけでは緊張感でよそよそしさが抜けないと思いますが、その後の旅行がセットになっていれば時間をかけて、さらには場所や状況を変えながら少しずつコミュニケーションを取ることで充分に打ち解けられます。両家の兄弟姉妹が仲の良いというのはとても素敵なことですよね。通常の式場での結婚式ではごくごく表面的な挨拶しか交わさないことが一般的ですが、リゾートウェディングはそんな隠れた魅力も備えているのです。






〈●メリット4「新婚旅行を兼ねることができる」〉

メリット3でご紹介した家族旅行だけでなく、自分たちの新婚旅行を兼ねることもできます。全部を1回でまとめてしまえるので、職場へのお休み申請もやりやすいかもしれません^^

 

〈●メリット5「職場関係者を招待せずにすむ」〉

生活圏内での実施であれば呼ばない理由に困ることもありますが、その点、リゾートウェディングなら心配ありません。「家族だけで家族旅行を兼ねて○○で行うので、、、」といえばみんな納得してくれますね♪



3.リゾートウェディングのデメリット

そんなメリットいっぱいのリゾートウェディングですが、デメリットについてもおさえていきましょう。

〈●デメリット1「移動時間がかかる」〉

まず、場所を決めるには最低1度は実際の場所を見た方がよいでしょう。打合せはオンラインを利用すれば問題ないですが、最初の1回は現地に出向く必要があります。その移動時間や、交通費、宿泊費がかかります。

 

そして実際のウェディングでも当然ですが現地に行く移動時間がかかります。交通費や宿泊費も同様です。もちろん「旅行」として楽しむという側面が大きいので、この道中も楽しみの一つになるのですが、挙げるとすればリゾートウェディングならではのことなので押さえておくとよいでしょう。




〈●デメリット2「天候の心配がある」〉

リゾートウェディングはほとんどが屋外でおこなうものなので、天候の心配はやはり避けられません。中には万一の天候の場合に利用できる併設の屋根付きテラスやレストランがあるところもありますが、せっかくのリゾートウェディングなので、やはり天候には恵まれるに越したことはないというのが正直なところです。

 

ただ天候は本当に、どうにかなるものではないものなので、ただただ祈るのみ。。できることはどんな状況になっても慌てずに対応できるよう、事前に考えられるすべてのパターンについて想定し、対策を打っておくことです。「AになったらBにする」「CだったらDに変更する」というように、先に時間をかけてふたりの思いを決めておくことが、気持ちの上でも余裕を持って当日を楽しく迎える秘訣です。

 

あとは、、、嘘みたいな話ですが、そしてそうならないこともあるにはあるのですが「念ずれば通じる」は本当だと長年ウェディングに携わる中で実感しています。「晴れてくれ、晴れてくれ、晴れてくれ、、、!」という思いは叶ったことがとても多いのです。そして念願かなって晴天に恵まれたら必ず「ありがとうございました」とちゃんと感謝すること、ここまでをいつもセットにしています。

 

これをただの偶然とするのか引き寄せたとするのか、どう捉えるかはおふたり次第。でも信じたところでデメリットはなく、もしかしたら本当に晴れるかもしれないのですから、信じた方が断然トク!だと個人的に思っていますし、実際にそうなんです^^

 

〈●デメリット3「友人を招待しにくい」〉

親友には来てほしいし、自分たちの大切な節目のセレモニーを近くで見届けてもらえたら本当に嬉しい。そんな思いを持つ一方で、距離のある道中を強いることになるのではないか、来てくれると言ってくれたとしても本心では距離が億劫に感じていたならどうしよう、などと悩みは尽きないものです。交通費や宿泊費を持つと言ってもお金には限界があるので、全員の全額は難しいのが実情です。

 

こんな場合には、このようにされる方が多いです。

呼びたい人には声をかける。距離はあるけれど、ぜひ来てほしいこと、一緒に過ごしたいことを伝えましょう。そして宿泊は用意するけれど交通費はかけて来ていただくことになる。予定ももちろんあると思うから(ここ重要。これで断る場合の敷居が下がります)出欠は無理のない範囲で決めてほしい、と伝えて判断をその方にお願いするのです。

 

断る場合の敷居を下げた上で欠席の場合も考慮していますよ、というメッセージです。そしてお相手は自分たちが本当に来てほしい親友なので、きっと大丈夫。ふたりの思いや葛藤、気遣いもすべてひっくるめて分かってくれますし、その方の思いに沿って無理のない範囲で判断してくれると思いますよ。

 

招待される側からすれば、大切な親友の結婚式!絶対お祝いしたい!そして結婚式の後はそのままそのリゾートをついでに旅行できるかもしれませんし、知人が近くにいるなどで、その人に会いに行けるという親友側のメリットもあるかもしれません。だから特に国内リゾートの場合には、来てほしい人に声をかけることは必ずしも相手を困らせることにはつながらないといえるのです^^







4.リゾートウェディングで人気のスポット【国内編】

ここまでリゾートウェディングのメリット・デメリットを見てきたところで、続いては実際に人気の高いリゾート地についてご紹介していきましょう。

 

〈●スポット1「南国リゾート・沖縄」〉

ダントツの人気を誇るのが沖縄です。1年を通して比較的暖かく、ビーチをはじめとする自然もたっぷり楽しめます。旅行先としても、フォトウェデイング先としても、そしてリゾートウェディング先としても不動の第一位。那覇空港からの距離によってはレンタカーの手配がマストになります。お酒を飲む方のための代行サービスやタクシー手配もできますが、車の運転ができる人がいた方が移動はスムーズでしょう。








〈●スポット2「北の大地・北海道」〉

暖かくなってから〜夏の北海道が人気です。北海道ならではの見どころも、料理も、食材も豊富。広大な大地を感じられる非日常な北海道は旅行先としてももちろん大人気スポットですね。

 

ざっと思いつくだけでも、チーズ、バター、ソフトクリームなどの乳製品、ざんぎ、海鮮、スープカレー、豚丼。酪農、ラベンダー畑、温泉、ラッキーピエロ、五稜郭、マリモに昆布に、じゃがいもに、白い恋人に、、、!?

 

結婚式の場所としてだけでなく、その後の旅行を考えた時にお楽しみが充実していることが、リゾートウェディングの場所として北海道が選ばれる大きな理由となっています。

 

〈●スポット3「あこがれの避暑地・軽井沢」〉

軽井沢(長野)といえば「避暑地」。新緑の5月からサマーシーズンいっぱいまで人気の高いリゾートです。旅行先としても人気のエリアで雰囲気の良いレストランやホテルも多く、関東からも比較的気軽に行きやすいということで多くの花嫁さんに選ばれています。

 

真夏の8月でも爽やかな風が吹き抜けるので蒸し暑さはあまりなく、夏の良さを残しつつもたくさんの木々のおかげで天然の木陰も多く風もひんやり、それゆえ涼しく過ごすことができます。

 

高原や山々での木漏れ日を活かしたフォト撮影、壮大な山々をバックにしたダイナミックな挙式、その後のバーベキュー・ウェディングパーティが叶うのもリゾートウェディングならではですね。







5.リゾートウェディングで人気のスポット【海外編】

続いては海外編です。海外は国内と比べて交通費や移動時間がより多くかかることや言語の壁も出てきます。ですが非日常度合いもケタはずれ。行ってしまえば最高の思い出のひとつとなること間違いなしです。そんな海外リゾートウェディングの場所として人気の3大スポットをご紹介します。

 

〈●スポット1「ハワイ・グアム」〉

海外でのリゾートウェディングといえば「ハワイ」と言われるほどの人気エリア。その理由は日本から行きやすい、日本語が割と通じやすい、親しみがあり気持ちの上で親近感もある、そして何より「ハワイが好き!!」という花嫁さんに多く選ばれています^^

 

〈●スポット2「アジア・バリ島」〉

美しい海をバックにしたビーチウェディングや、一軒家を貸し切ってのプライベート・ヴィラでのウェディング も人気のバリ島。日本に比べて物価が安いため、日本で挙げるよりもゴージャスにできることも選ばれる大きな理由のひとつです。

 

〈●スポット3「ヨーロッパ」〉

ヨーロッパの最大の魅力は「歴史を感じられるロケーション」であること。長い年月を経てきた古城や教会がたくさんあり、そこでのウェディングは他では再現できない特別感があります。その後のハネムーンでもたくさんの個性的な国々が隣接しており、行く場所を迷ってしまうほどです。

 

挙式だけでなく、旅行も大満喫したい人にはピッタリですね^^

 

海外旅行も結婚式も! 両方一緒にかなえてしまう大満足のよくばり・海外リゾートウェディングについてより詳しく知りたい人はこちらのページも参考にしてみてくださいね(

「旅するウェディング」のご紹介









6.リゾートウェディングの費用

メリット・デメリット、人気のリゾートについても国内外と見てきましたが、実際いくらくらいを考えるとよいのでしょうか。

リゾートへの交通費や、そこでの宿泊費は通常の式場よりも必要にはなりますが、一般的には人数をグッと絞って行うことが多いので、国内の場合、その分総額もグッと抑えられます。

 

ただし、ドレスやヘアメイク、カメラマンなどの必要な費用が同じようにかかる一方で、ゲストからのいわゆる「ご祝儀」は少人数、しかも家族中心となるためあまり入らず、それゆえ自分たちの負担額は一般的な式場のそれと同等程度となります。

 

最初から自分たちで費用負担を考えていたカップルであれば変わらないですが、ご祝儀も含めて検討していた場合には、その点を気をつける必要があるといえます。

 

海外の場合は国内ではないくらいの交通費が必要なので費用は上がります。ですので人数をしっかり絞り、自分たちでは手配が難しい結婚式のみをプロデュース会社に依頼し、その後の食事会は自分たちでレストランを予約するというスタイルが多いのが特徴です。





7.リゾートウェディングの申し込み方法から当日までの流れ

リゾートウェディングをやりたい!となったら、取り扱いのあるプロデュース会社に依頼するのが簡単・確実です。

 

初めに希望の場所を決め、挙式だけなのか、その後の食事会もなのかなどの依頼する内容を伝えます。いくつかのプランが概算費用とともに提示されますので、予算に合ったプランを選びましょう。大枠が決まったらプロデュース会社の方で必要な予約を確保し、いよいよ詳しい中身についての打合せが始まります。

 

費用の支払いについては基本的にはウェディング当日よりも先に払う前入金となりますので、前もって準備しておきましょう。プロデュース会社によっては何回かに分けて段階的に支払い期限を設けているところもあるので、詳しく確認するようにしてくださいね。

 

海外の場合はパスポートの期限切れなどにも気をつけつつ。。ウェディング当日に向けて細心の注意を払って体調管理をするのは、通常のウェディングと同じです^^





8.まとめ

リゾートウェディングについてAからZまで見てきましたが、いかがでしたでしょうか。開放感、非日常感、そしてこの素晴らしい結婚式や体験を、共通の思い出として、大切な友人や家族と共有できるのはリゾートウェディングならでは、です。

 

ぜひこの記事を最大限参考にしていただき、最幸のリゾートウェディングを実現させてくださいね!!




:::::::::::::◆ ウェディングプロデュース ◆:::::::::::::
:::::::::::::::〈マリッジリンクのご紹介〉:::::::::::::::

結婚式について、こんなことを思っていませんか?
1□ いったい何から準備していいか、わからない。
2□ だけど、やるなら自分たちらしい式がいい! 
3□ 相談できる人が身近にいない。       
4□ あまりお金をかけたくない…。       
5□ 忙しくて時間もあまりとれない…。 
 
   
Marriage Link(マリッジリンク)なら、これらの不安を解消して結婚式を叶えられます!


〈わたしたちのコンセプト〉
やみくもに高額な結婚式が、世の中にはたくさんあります。一方で自分たちらしさがなく、ただ費用だけをおさえる結婚式も、あふれています。そんな中で、費用をおさえつつもオーダーメイドにこだわり内容にも妥協しないのが、Marriage Linkのウェディング。
「最高の結婚式は、所持金ゼロから実現できる」
時間とお金をできるだけかけずに、おふたりらしい式を実現するー
それが、わたしたちMarriage Linkの結婚式です。
⇒ わたしたちのコンセプトについて



ー「Marriage Link」についてー
ウェディングプロデュースMarriage Link(マリッジリンク)は、特定の式場と提携しないことで、新郎新婦さまの目線に立った喜ばれる結婚式をつくるプロ集団です。古い慣習やこれまでタブーとされてきたものを今の時代に合うように進化させ、「結婚式を、もっと手軽に」の合言葉で、ご縁を大切に、これまで1,000組を超える新郎新婦さまのウェディングに携わってまいりました。
Marriage Link(マリッジリンク)について


 

→◆Marriage Linkのウェディングコンセプトは こちら から

→◆「お客様の声」ページは こちら から

→◆Marriage Linkの企業情報は こちら から



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談はこちらから

Contact

結婚が決まったら、Marriage Linkへお気軽にご相談ください
まだ何も決まっていない方に多くご相談をいただいています
時間とお金をできるだけかけずに、あなただけの結婚式をカタチにします

メールで相談する

お電話の方はこちらから

Tel. 03-6869-9384