Tel. 03-6869-9384

オリジナルウェディングは今や結婚式の常識!「みんなと違う」からこそやる意味があるし、参加する価値がある

HOME > オリジナルウェディング|Marriage Link > オリジナルウェディングは今や結婚式の常識!「みんなと違う」からこそやる意味があるし、参加する価値がある
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルウェディングってどんなもの?その実態とは!

オリジナルウェディングってどんなもの?個性的で華やかな印象のオリジナルウェディングですが、実際にはどんな結婚式なのでしょうか?初心者の方のためにオリジナルウェディングの魅力や実例、さらに実際にオリジナルウェディングに挑戦する際の注意点や気をつけたいポイントも交えてご紹介します!ぜひ参考にしてみてください。



〈オリジナルウェディングとは〉

オリジナルウェディングは、ひとことで言えば人のマネではない自分たち自身の性格や想いから発想したウェディングのこと。だからこそオリジナルウェディングをつくる時にしてはいけないのは、早い段階でウェディング演出集などのウェブサイトを見てしまうことなんです。

 

そんなことをしてしまうと、その演出単品に気持ちが持っていかれてしまい自分たち発想でウェディングをつくるというスタンスに戻って来られなくなる危険が非常に高い。

 

このことが、多くの新郎新婦さんが他人の「まねっこ」になりオリジナルウェディングとはかけ離れた結婚式に落ち着いてしまう最大の良くない行動なんです。

 

でも心配しなくても大丈夫。ポイントを押さえさえすればオリジナルウェディングをつくることはとっても楽しいプロセスですし、当日のウェディングで大切なゲストと一体になって共有しあえる経験はかけがえのないひとときとなります。

 

全部をオリジナルウェディングにすることは大変だなぁと感じたとしても、一部の時間やいくつかの演出だけにでもオリジナルを入れていこうと気軽に考えれば気持ちのハードルも低く感じるはず。

 

ではその一歩を、さっそく踏み出してみましょう!!




〈オリジナルウェディングの特徴〉

①自分たちから発想する

オリジナルウェディングの「オリジナル」を辞書で引くと「独創的、目新しいさま」とあります。独創とは「独自の新しい考えやアイディアで物事をつくり出すこと」です。

 

ですのでオリジナルウェディングは自分たちから発想しないと永遠にたどり着けません。ウェブサイトには本当にたくさんの演出アイディアが出ていて参考にしたいと思う気持ちはよく分かりますが、その行動をとれば取るほど目的地であるオリジナルウェディングからは遠ざかるという皮肉な状況になってしまうのです。

 

最初はなかなか思いつかなくて苦しい気持ちになる新郎新婦さんもいると思いますが、エンジンさえかかればこっちのもの!その行程だけがオリジナルウェディングにつながる道だと信じて楽しく頑張ってみてくださいね。

 

②唯一無二のもの

結婚式とは新郎新婦のふたりがいて初めて成立するものです。新郎は世界で唯一無二の存在。新婦ももちろん。そして、そんな唯一無二同士が組み合わさっている状況なので計算式に直すとすれば「(唯一無二)×(唯一無二)=(唯一無二の無限大)」!数学が好きな方には完全に分かっていただけると思いますが(笑)計算式は掛け算になります。そう、掛け算なんです!! まさにレア度は最高クラスなんですね。

 

オリジナルウェディングの特徴①でお伝えした通りオリジナルウェディングは自分たちから発想するものなので、唯一無二の人たちがそれぞれで自分たち発想でつくり上げるウェディングが他に存在するわけがありません。似ている演出はあるかもしれませんが、自分たちらしさが最高に良い意味で絶対に他とは違うものにしてくれます。

 

ゆえに必ず「唯一無二」になるんです。心配しなくてもオリジナルウェディングの特徴①がちゃんとできていれば自動的にそうなります。だから参加したゲストが「あ、これ、別の友人の結婚式でも同じことしてた。またかー」という状況は決して起こらないものなのです。

 

③本人は最高に心地よく、ゲストも幸せな気持ちで溢れる

オリジナルウェディングは新郎新婦が自分たち発想でつくった1日。自分たちらしさを突き詰め、これまでの生い立ちやカップルの馴れ初め、特にお世話になったキーパーソンや忘れられない記憶、特別に大切にしたい人たちを振り返り、そんな自分たちのこれからの未来の決意なんかも詰め込んでつくった最高に心地よい場です。

 

そんな素敵な場で大切なゲストたちに囲まれて過ごせるひとときだと心が柔らかくなってくるので、いつも心の中で抑えていた感謝の気持ちや伝えたい想い、純粋なありがとうの言葉が自然と口をついて出てくることがとても多いです。心の底からの愛と感謝に満たされる場になります。

参加しているゲストにとっても、そんな新郎新婦の姿を見ること、大切な友人や家族であるふたりの大事な出発の門出を一緒にお祝いできること、さらにはオリジナルウェディングだからこそ感じられる「ふたりらしさ」「ふたりが準備の中で込めてきた想い」「迎えられている喜び」。新たなスタートとなる新郎新婦の姿を見て、自分たちの気持ちも新たに明日から頑張ろうと決意する先輩カップルの方もおられるでしょう。

 

全員にとって最高の場を生み出すチカラがオリジナルウェディングにはあるのです。




〈オリジナルウェディングの注意点〉

これまでオリジナルウェディングの特徴を見てきました。特徴を押さえるとともに、なんて素晴らしいウェディングなんだと思われた方も多いのではないでしょうか。ひとりでも多くの方にオリジナルウェディングを成功させていただくために、ここではその注意点についても触れてみたいと思います。

 

  • アイディアが煮詰まる

アイディア出しに慣れていないとアイディアが煮詰まることが起こるかもしれません。なかなかそんなにたくさん良いアイディアは思いつくものではないものです。

 

煮詰まったら深刻にならずに「連想ゲーム」感覚で気軽に頭に思い浮かんだものを書き出すだけでも良いです。それが具体的なウェディングのアイディアとして完成していなくても全然OK!

ふたりで一緒にアイディア出しをする際に気をつけることは相手のアイディアを決して否定しないことです。「それいいね!」「なるほど、新しいね!」「捻り出したね!」などなど、なんなら相手を少し持ち上げてヨイショしていい気分にさせる意識をお互いが持つと、さらにいい流れでアイディア出しができます。

 

もし相手にどう思われるか、、、という思いが拭いきれずにアイディアが出にくくなるということがある場合には、慣れるまでは各自で決まった時間を取り、まずは各自で書き出すスタイルを取ると良いでしょう。時間が来たところで書き出した紙をそのまま相手と交換し、それぞれが説明するのです。こうすればよりアイディア出しがしやすくなるのでオススメです!

 

次にある程度、数が出たところで組み合わせて何か形にならないかという発想で考えてみるのもおススメです。一つだけでは見えなかったプランが2つ以上組み合わさることで新たなアイディアとして輝いてくることがとても多くあるからです。

 

  • 実現不可能なことをプランしてしまう

自分たちで出したウェディングのアイディア。ゼロから生み出したアイディアは、どんなものであってもまるで我が子のように可愛く・愛おしく思えるものです。

 

そんな状態の時に気をつけるべきことは「実現可能なプランなのかどうか」ということ。

 

明らかに実現可能であれば問題ないですが、そうでない場合は気が付かないだけで問題が潜んでいることも多くあります。ですのでなるべく早いタイミングでウェディングプランナーか、もしくはイベント企画&実行の経験を持つ友人・知人にアドバイスをもらってくださいね。

 

内容によってはそのプランの実現のために専門的な機材やアイテムの準備が必要であったり、どこかの許可を取る必要があったり、またはその実現そのものが物理的に不可能であったりする場合があります。

 

早くに分かると、その分早く手が打てます。ですのでアイディアの実現可能かどうかについて念のため早めに確認する意識を持つこと、忘れないでくださいね。

 

  • 天候によって左右される演出

注意点の3つ目に挙げるのは「天候」です。当日の天気がどうなるかは当日のその時になって見ないと確実には分からないもの。たとえ事前の天気予報が晴れだったとしても、その時になってみないと分かりません。

 

なので必ず天候が良くない場合の「プランB」を準備しておくことです。しかもそのプランBにチェンジする条件も先に決めておくのです。「もし○時までに雨が上がらなければプランBにする」といった感じです。

プランBを想定しておけば安心して当日を迎えられますし、オリジナルウェディングは「いつものプラン」「みんなと一緒のプラン」ではないので、だからこそ天候による準備はマスト。必要不可欠なものであると理解していただけたらと思います。




オリジナルウェディングの事例

それでは次に具体的なオリジナルウェディングの事例について見ていきたいと思います。事例を見ることで「こんなこともできるんだ!」と、さらに皆さんのウェディングプランのアイディア出しにつながればと思います。

 

  • レストランウェディング

レストランウェディングの魅力はなんといってもゲストとの距離が近くてアットホームな雰囲気が作り出しやすいこと。お料理の一皿一皿にシェフの想いが強く込められていることも多いです。そのお料理を一番美味しいタイミングでゲストに楽しんでもらうために、お料理を邪魔しないパーティ演出のタイミングや順番を考えると、とても良いと思いますよ

 

実際のレストランウェディングの事例をチェック!(↓)
https://marriage-link.jp/blog/2019/12/16/128
 

  • ホテルウェディング

ホテルウェディングの最大の特長は格式のある上質空間です。その雰囲気を最大限活かすような空間づくりを意識すると統一感のあるパーティが実現できます。空間づくりとは会場装飾はもちろんのこと、音楽やパーティ演出のひとつひとつも含まれます。かたくなりすぎず、だけどカジュアルにもなりすぎない良い塩梅を意識しましょう。

 

実際のホテルウェディングの事例をチェック!(↓)
https://marriage-link.jp/blog/2019/05/20/115
 

  • 家族結婚式とフォトウェディングの組み合わせ

近年人気が高まり増加傾向にあるのがこのスタイル。一番身近でずっと支えてくれていた大切な家族とのゆったりとした時間を持つことは、なかなか日常ではできないことです。結婚式を良い機会として、これまで面と向かっては伝えられていなかった「ありがとう」の想いを伝えること。そして新しい家族として両家の親睦を深めること。たくさんの写真を残すこと。これらの全てが叶います

 

実際の家族結婚式&フォトウェディングの事例をチェック!(↓)
https://marriage-link.jp/blog/2019/12/23/129
 

  • 軽井沢リゾートウェディング

日常の喧騒から離れて雄大な山々をバックに行う結婚式。日頃はなかなか味わえない非日常な体験を結婚式の思い出とともに皆で共有できるのがリゾートウェディングです。宿泊も兼ねて行うことが多いので、より参加者との距離が縮まりますし共通の経験をすることで結束感も醸成できます。お互いのことがより理解でき、もっともっと仲良くなれるのがリゾートウェディングの魅力です。

 

実際のリゾートウェディングの事例をチェック!(↓)
https://marriage-link.jp/blog/2019/11/12/123

  • 沖縄ビーチウェディング

リゾートウェディングをさらに進化させた国内究極のスタイルが、この沖縄ビーチウェディング です。那覇空港から車で1時間のところにある、サンセットも楽しめる西側の落ち着いたビーチがその会場。何もないビーチと隣接の緑地帯に挙式会場をつくり、テントを張ってパーティ会場をゼロから準備するというものでオリジナル感が満載です。

 

潮風を肌に感じながら波の音をBGMに、かけがえのない大切な人たちと過ごす非日常ウェディング。日本のウェディングスタイルに飽きた方や、自然と共存する自由で開放的なスタイルが好きな方などに特に人気の欧米スタイルです

 

実際の沖縄ビーチウェディングの事例や詳細をチェック!(↓)
https://www.instagram.com/marriage_link.okinawa/
https://marriage-link.jp/okinawa_wedding/


  • 海外のお城で新婚旅行を兼ねたウェディング

リゾートウェディングをさらにさらに進化させた海外究極のスタイルがこちら。海外にあるお城を貸し切ってのウェディングです。ハネムーンも兼ねて新郎新婦のみ、もしくは家族と一緒に、あるいは親友も連れて行ってのウェディング。自由度が極限まで高く、他には全くない最高にオリジナルな結婚式が実現できる次世代のオリジナルウェディングスタイルです。

余興や祝辞といった昭和から続く日本古来の結婚式のスタイルから脱皮した大人のウェディング。オンラインを使えば日本の友人にも気軽に参加していただけます。国内でも実施できる会場があるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

「旅するウェディング」の詳細はこちらから(↓)
https://marriage-link.jp/lp/




〈オリジナルウェディングにかかる費用〉

これまで見てきた実際のオリジナルウェディング、いったいいくらでできるのか気になりますよね。リゾートウェディングは実施場所や作り込みの程度により費用が異なるので内容によってお見積りをもらうことになりますが、レストランやホテルといった会場であればサンプルのお見積りを事前に確認することができます。

 

プロデュースする会社によって金額設定はまちまちで、プロデュースのスキルも様々なので迷うところですが、「自分たちのウェディングを誰に依頼するか」は最重要事項と言っても過言でないくらい大切なことです。

 

参考までにオリジナルウェディングのサンプルお見積りが下記のURLで見られますのでご覧くださいね
https://marriage-link.jp/concept/#a03





〈オリジナルウェディングのやり方〉

一般的に結婚が決まったら次に頭に浮かぶのが「どの会場で結婚式を行うか」ということだと思います。でもオリジナルウェディングをやる場合には、会場を検索するよりも先にすべきことがあります。

 

それは「自分たちはどんな結婚式をしたいだろうか」についてふたりで時間をとって考えることです。

 

具体的にはふたりでカフェに行って2時間くらい、美味しいパンケーキを食べながらリラックスした雰囲気でアイディア出しをすると効果的かもしれません。小さいことでも大きいことでも出たアイディアは決して否定しないルールにして、どんどん書き出していくんです。

 

そうしていくと、もしかしたら出てきたそれらの言葉に何か共通点や同じ方向性が見えてくるかもしれません。そしたらそれが、ふたりの叶えたいウェディングのポイントや方向性ですし、もしもアイディアが四方八方に「とっ散らかって」いたとしたら(笑)、いろんなコンテンツが入ったカラフルなウェディングでゲストをワクワクさせたい、という気持ちが出ているのかもしれません。

 

例えばそうであれば「カラフルなものってなんだろう?」から例えば七色の虹を連想し、その七色をテーマカラーにしてウェディングアイテムに統一感を出したり、七色のカラーをもつ7つのグループに分けた演出を考えたり、会場装飾や料理にもカラフルをテーマにして発想したり。。

 

いくらでも、どんなものでも、真似っこではないおふたりから発想されたものは全て「自分たちらしさ」につながり、それがすなわちオリジナルウェディングそのものなのです。

 

会場選びはその後です。なぜなら会場選びは自分たちの「実現したい、ワクワクするウェディング」の形が見えてきていないと、その結婚式を実現できる会場など選べるはずがないからですね。





まとめ

オリジナルウェディングについて詳しくお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。少しハードルが高いかもしれない「アイディア出し」についてはたくさんのオリジナルウェディングを作ってきた経験のあるウェディングプランナーに入ってもらって「引き出して」もらえると格段にスムーズに進められることが多いです。

 

「自分たちのウェディングを誰に依頼するか」は最重要事項と言っても過言でないくらい大切なこと。信頼できるウェディングプランナーを味方につけて、最高のオリジナルウェディングを実現させてくださいね!



→◆Marriage Linkのウェディングコンセプトは こちら から
→◆「お客様の声」ページは こちら から
→◆Marriage Linkの企業情報は こちら から
◇photo by martha stewart


ご相談予約はこちらから

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

 

 

 

ご相談はこちらから

Contact

結婚が決まったら、Marriage Linkへお気軽にご相談ください
まだ何も決まっていない方に多くご相談をいただいています
時間とお金をできるだけかけずに、あなただけの結婚式をカタチにします

メールで相談する

お電話の方はこちらから

Tel. 03-6869-9384